一般社団法人日本推理作家協会

最近入会した会員

会員名簿

仁木 悦子

  • 物故会員

にき えつこ

仁木 悦子

  • 1928 ~ 1986

会員情報

東京生れ。胸椎カリエスによって仰臥生活となり、家庭で学習した。
一九五〇年代より童話を執筆。五七年に「猫は知っていた」で最初の公募の江戸川乱歩賞を受賞、ベストセラーに。さらに「林の中の家」「刺のある樹」など、仁木雄太郎・悦子の兄妹探偵が活躍する爽やかな推理小説を発表。八一年に「赤い猫」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞。ほかに「枯葉色の街で」「冷えきった街」「青じろい季節」など。

日本推理作家協会賞・江戸川乱歩賞データ

候補作・受賞作

第34回日本推理作家協会賞 短編部門
『赤い猫』 [ 受賞作 ]
第29回日本推理作家協会賞 長編部門
『青じろい季節』 [ 候補作 ]
第28回日本推理作家協会賞 
『灯らない窓』 [ 候補作 ]
第25回日本推理作家協会賞 
『冷えきった街』 [ 候補作 ]
第12回日本推理作家協会賞 
『かあちゃんは犯人ぢゃない』 [ 候補作 ]
第11回日本推理作家協会賞 
『粘土の犬』 [ 候補作 ]
第3回江戸川乱歩賞 
『猫は知っていた』 [ 受賞作 ]

担当委員