一般社団法人日本推理作家協会

最近入会した会員

推理作家協会賞

2017年 第70回
  • 長編及び連作短編集部門愚者の毒宇佐美まこと
  • 短編部門黄昏薬丸岳
2016年 第69回
2015年 第68回
2014年 第67回
2013年 第66回

推理作家協会賞を検索

推理作家協会賞一覧

江戸川乱歩賞

2017年 第63回
2016年 第62回
2015年 第61回
2014年 第60回
2013年 第59回

江戸川乱歩賞を検索

江戸川乱歩賞一覧

協会報記事 カテゴリ一覧

検索結果

「作品」の検索結果

219件中 81~100件目

1997年 第50回 日本推理作家協会賞 短編および連作短編集部門

受賞作

がいとうさくなし

該当作無し

  • [ 候補 ]『猟奇小説家』 我孫子武丸
  • [ 候補 ]『プラットホームのカオス』 歌野晶午
  • [ 候補 ]『鑑定証拠』 中嶋博行
  • [ 候補 ]『子を思う闇』 貫井徳郎
  • [ 候補 ]『右手に秋風』 渡辺容子(渡辺牡丹)
  • [ 候補 ]『つきまとわれて』 今邑彩

1997年 第50回 日本推理作家協会賞 評論その他の部門

沈黙のファイル 「瀬島龍三」とは何だったのか

受賞作

ちんもくのふぁいるせじまりゅうぞうとはなんだったのか

沈黙のファイル 「瀬島龍三」とは何だったのか

受賞者:共同通信社社会部(きょうどうつうしんしゃしゃかいぶ)

  • [ 候補 ]『渡邉崋山の逆贋作考』 月山照基
  • [ 候補 ]『推理小説医学考』 角田昭夫

1997年 第50回 日本推理作家協会賞 長編部門

奪取

受賞作

だっしゅ

奪取

受賞者:真保裕一(しんぽゆういち)

  • [ 候補 ]『星降り山荘の殺人』 倉知淳
  • [ 候補 ]『海は涸いていた』 白川道
  • [ 候補 ]『山妣』 坂東眞砂子

1997年 第43回 江戸川乱歩賞

破線のマリス

受賞作

はせんのまりす

破線のマリス

受賞者:野沢尚(のざわひさし)

  • [ 候補 ]『神が殺す』 青井祐
  • [ 候補 ]『川の深さは』 福井晴敏
  • [ 候補 ]『トルーマン・レター』 高嶋哲夫
  • [ 候補 ]『榧と柘植の迷宮』 釣巻礼公(『柘植の迷宮』として刊行)

1996年 第49回 日本推理作家協会賞 長編部門

ソリトンの悪魔

ソリトンの悪魔

受賞作

そりとんのあくま

ソリトンの悪魔

受賞者:梅原克文(うめはらかつふみ)

魍魎の匣

受賞作

もうりょうのはこ

魍魎の匣

受賞者:京極夏彦(きょうごくなつひこ)

  • [ 候補 ]『梟の拳』 香納諒一
  • [ 候補 ]『ホワイトアウト』 真保裕一
  • [ 候補 ]『七回死んだ男』 西澤保彦

1996年 第49回 日本推理作家協会賞 短編および連作短編集部門

カウント・プラン

受賞作

かうんとぷらん

カウント・プラン

受賞者:黒川博行(くろかわひろゆき)

  • [ 候補 ]『蝶々がはばたく』 有栖川有栖
  • [ 候補 ]『吾子の肖像』 今邑彩
  • [ 候補 ]『花の下にて春死なむ』 北森鴻
  • [ 候補 ]『刑事部屋』 佐竹一彦

1996年 第42回 江戸川乱歩賞

左手に告げるなかれ

受賞作

ひだりてにつげるなかれ

左手に告げるなかれ

受賞者:渡辺容子(わたなべようこ)

  • [ 候補 ]『閻魔のいるミートパイ』 桃河和行
  • [ 候補 ]『魔笛』 野沢尚
  • [ 候補 ]『サンキュウ・デール』 山瀬球平
  • [ 候補 ]『ペトロバグ』 高嶋哲夫

1995年 第48回 日本推理作家協会賞 長編部門

沈黙の教室

受賞作

ちんもくのきょうしつ

沈黙の教室

受賞者:折原一(おりはらいち)

鋼鉄の騎士

受賞作

こうてつのきし

鋼鉄の騎士

受賞者:藤田宜永(ふじたよしなが)

  • [ 候補 ]『七人の中にいる』 今邑彩
  • [ 候補 ]『凍樹の森』 谷甲州
  • [ 候補 ]『ニの悲劇』 法月綸太郎

1995年 第48回 日本推理作家協会賞 評論その他の部門

チャンドラー人物事典

受賞作

ちゃんどらーじんぶつじてん

チャンドラー人物事典

受賞者:各務三郎(かがみさぶろう)

  • [ 候補 ]『ガン・ロッカーのある書斎』 稲見一良
  • [ 候補 ]『久生十蘭』 江口雄輔

1995年 第41回 江戸川乱歩賞

テロリストのパラソル

受賞作

てろりすとのぱらそる

テロリストのパラソル

受賞者:藤原伊織(ふじわらいおり)

  • [ 候補 ]『ヒポクラテスの柩 』 川邊ヘンリー
  • [ 候補 ]『あなたに夢印』 小林仁美
  • [ 候補 ]『北緯35度の灼熱』 野沢尚
  • [ 候補 ]『流石』 渡辺牡丹(『流さるる石のごとく』として刊行)

1995年 第48回 日本推理作家協会賞 短編および連作短編集部門

ガラスの麒麟

受賞作

がらすのきりん

ガラスの麒麟

受賞者:加納朋子(かのうともこ)

日本殺人事件

受賞作

にほんさつじんじけん

日本殺人事件

受賞者:山口雅也(やまぐちまさや)

  • [ 候補 ]『水難の夜』 歌野晶午
  • [ 候補 ]『知らすべからず』 香納諒一
  • [ 候補 ]『不法在留』 中嶋博行
  • [ 候補 ]『手紙嫌い』 若竹七海

1994年 第47回 日本推理作家協会賞 短編および連作短編集部門

ル・ジタン

受賞作

るじたん

ル・ジタン

受賞者:斎藤純(さいとうじゅん)

めんどうみてあげるね

受賞作

めんどうみてあげるね

めんどうみてあげるね

受賞者:鈴木輝一郎(すずききいちろう)

  • [ 候補 ]『盗まれて』 今邑彩
  • [ 候補 ]『他殺の効用』 内田康夫
  • [ 候補 ]『私に向かない職業』 真保裕一
  • [ 候補 ]『キッド・ピストルズの妄想』 山口雅也

1994年 第47回 日本推理作家協会賞 長編部門

ガダラの豚

受賞作

がだらのぶた

ガダラの豚

受賞者:中島らも(なかじまらも)

  • [ 候補 ]『二重螺旋の悪魔』 梅原克文
  • [ 候補 ]『異人たちの館』 折原一
  • [ 候補 ]『震源』 真保裕一
  • [ 候補 ]『聖アウスラ修道院の惨劇』 二階堂黎人

1994年 第40回 江戸川乱歩賞

検察捜査

受賞作

けんさつそうさ

検察捜査

受賞者:中嶋博行(なかじまひろゆき)

  • [ 候補 ]『AV-BLUES』 霧島皐
  • [ 候補 ]『神々の砂漠』 園田幸夫
  • [ 候補 ]『白き煉獄』 平尾彰
  • [ 候補 ]『川沿いの町』 釣巻礼公(『暴走』として刊行)

1994年 第47回 日本推理作家協会賞 評論その他の部門

冒険小説論 近代ヒーロー像100年の変遷

受賞作

ぼうけんしょうせつろんきんだいひーろーぞうひゃくねんのへんせん

冒険小説論 近代ヒーロー像100年の変遷

受賞者:北上次郎(きたがみじろう)

  • [ 候補 ]『『言霊の国』解体新書』 井沢元彦
  • [ 候補 ]『逆説の日本史 古代黎明編』 井沢元彦
  • [ 候補 ]『余計者の系譜』 北上次郎
  • [ 候補 ]『消えた名画――「ダ・ヴィンチ習作」疑惑を追う』 溝口敦

1993年 第46回 日本推理作家協会賞 評論その他の部門

欧米推理小説翻訳史

受賞作

おうべいすいりしょうせつほんやくし

欧米推理小説翻訳史

受賞者:長谷部史親(はせべふみちか)

文政十一年のスパイ合戦

受賞作

ぶんせいじゅういちねんのすぱいがっせん

文政十一年のスパイ合戦

受賞者:秦新二(はたしんじ)

  • [ 候補 ]『黒岩涙香 探偵実話』 いいだもも
  • [ 候補 ]『量書狂読 1988-1991』 井家上隆幸

1993年 第46回 日本推理作家協会賞 長編部門

リヴィエラを撃て

受賞作

りう゛ぃえらをうて

リヴィエラを撃て

受賞者:髙村薫(たかむらかおる)

  • [ 候補 ]『ブルース』 花村萬月
  • [ 候補 ]『ある閉ざされた雪の山荘で』 東野圭吾

1993年 第46回 日本推理作家協会賞 短編および連作短編集部門

受賞作

がいとうさくなし

該当作無し

  • [ 候補 ]『ステーション・パーラー』 髙村薫
  • [ 候補 ]『重ねて二つ』 法月綸太郎
  • [ 候補 ]『いつもの儀式』 御坂真之
  • [ 候補 ]『ジローのいた日々』 本岡類
  • [ 候補 ]『優しい水』 若竹七海
  • [ 候補 ]『交通警察の夜』 東野圭吾(『天使の耳』として刊行)
  • [ 候補 ]『横浜幻燈館 俥屋おりん事件帳』 山崎洋子

1993年 第39回 江戸川乱歩賞

顔に降りかかる雨

受賞作

かおにふりかかるあめ

顔に降りかかる雨

受賞者:桐野夏生(きりのなつお)

  • [ 候補 ]『リセット』 桃河和行
  • [ 候補 ]『河童が人を殺した話』 有明游
  • [ 候補 ]『夜間検証』 森健次郎
  • [ 候補 ]『慟哭の錨――関門海峡シージャック事件』 阿部智(『海峡に死す』として刊行)

1992年 第38回 江戸川乱歩賞

白く長い廊下

受賞作

しろくながいろうか

白く長い廊下

受賞者:川田弥一郎(かわたやいちろう)

  • [ 候補 ]『ヘルン先生行状記』 千葉良
  • [ 候補 ]『村正殺人事件』 松本豊(『凶刀「村正」殺人事件』として刊行)
  • [ 候補 ]『夏の果て』 若竹七海(『閉ざされた夏』として刊行)
  • [ 候補 ]『至福のとき』 森健次郎