一般社団法人日本推理作家協会

最近入会した会員

会員名簿

和久 峻三

  • 現会員

わく しゅんぞう

和久 峻三

わく はじめ (別名:和久 一)

会員情報

大阪生まれ。京大法学部卒。記者生活を経て、司法試験に合格後、弁護士登録。京都で弁護士事務所を開く。その一方で多彩な作家活動に入る。昭和四七年「仮面法廷」で第一八回江戸川乱歩賞を受賞。平成元年には「雨月荘殺人事件」で第四二回日本推理作家協会賞を受賞、法廷ミステリーの第一人者として不動の地位を確立。“赤かぶ検事シリーズ”など多くの作品を発表。趣味の写真の分野でも知られ、その技量はプロ並みで、平成五年刊行の写真集「日本の原風景」は日本図書館協会選定図書となる。

日本推理作家協会賞・江戸川乱歩賞データ

候補作・受賞作

第42回日本推理作家協会賞 長編部門
『雨月荘殺人事件』 [ 受賞作 ]
第36回日本推理作家協会賞 長編部門
『誤判――私は殺していない!』 [ 候補作 ]
第35回日本推理作家協会賞 長編部門
『代言人落合源太郎 肌絵の女』 [ 候補作 ]
第34回日本推理作家協会賞 長編部門
『代言人落合源太郎の推理』 [ 候補作 ]
第18回江戸川乱歩賞 
『仮面法廷』 [ 受賞作 ]
第14回江戸川乱歩賞 
『有罪と無罪の間』 [ 候補作 ]

担当委員